· 

佐々木朗希投手の偉業

 

 今回は、今 ロッテファン、野球ファン、いや 一般市民を巻き込んで

 

 日本中? 世界中?? の関心ごと になっています 佐々木朗希 投手 について

 

 調べてみました。

 

 まず、 佐々木 投手 が 話題になったのは、

 

  甲子園を目指しながらも、

 

 岩手県大会での 決勝戦登板回避 ですね。

 

 

 皆さん それぞれ これに関しては、

 

 ご意見が あると思いますが・・・

 

 

 今回、注目されているのは、やはり、4月 10日 に オリックス相手に

 

  完全試合 を成し遂げたからでしょう!!

 

 日本のプロ野球では、まだ 16人目 とのことです。

 

  ちなみに、 15人目は、 1994年5月18日 に達成した

 

   巨人の 槇原 寛己 投手です。

 

 佐々木投手がすごいのが、

 

  完全試合から 次の登板 4月17日 日本ハム戦で

 

 8回をまた完全に 抑えてしまった・・・。

 

 2試合連続 完全試合 は 夢 となってしまったが、

 

 快挙目前での交代に対して、指揮官を評価する声が多い。

 

 本人が 笑顔だったので 納得の交代なのでしょう。

 

 

 

 

 4月 22日 に 井口監督から明言

 

 次の登板は 4月 24日 オリックス戦

 

そこで、注目される記録は、

 

連続イニング無安打 17イニング無走者を継続中

連続2ケタ奪三振  17年則本投手8試合連続

毎回奪三振      

連続4試合の奪三振 合計56個はすでに最多記録 

月間防御率     現在0.36 球団記録 0.47 (小野投手)

月間奪三振     46奪三振 月間60個が最多 (鈴木投手71年)  

球速166キロ    ビエイラ投手(巨人) 166キロ

          大谷投手(日本ハム) 165キロ  

 

 今も継続している連続無安打無失点イニング

 4月3日の西武戦で、8回2アウトから鈴木選手に二塁打を許したのを最後に、ここまで無安打無失点イニング

 を継続しており、現在で17イニングまで伸ばしています。

 この記録自体、他の投手たちが簡単には並べそうにないとんでもない記録ですが、次回登板で

 MLB伝説になっています偉大な記録に挑もうとしています。

 

 サイ・ヤング投手が樹立した24イニング連続無安打無失点

 

 1904年にあのサイ・ヤング投手が樹立した、24イニング連続無安打無失点という偉業です。

 118年経った今も、誰一人ヤング投手に並んだ投手は現れていません。

 仮に次回登板で、佐々木投手が7回まで無安打無失点を続けることができたならば、日米通じて初めて

 ヤング投手に肩を並べることになります。

 

 

 果たして、佐々木朗希 投手は、

 

  あの ヤング投手の伝説に

 

 手が届くのでしょうか?

 

 注目しながら 見守りたいと思います。

 

  オリックスの選手にも 

 

  頑張っていただきたいと思います!

 

            ライター  木村

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ここからは少し、会社からのお知らせ。

 

ODECでは、現在、データ入力や軽作業、検査作業、製造スタッフなど一緒に働いていただける仲間を募集しています。

ご興味がある方は、下記の採用サイトにアクセスしてみてください。

 

https://en-gage.net/odec/

 

よろしくおねがいします!!